食品衛生責任者の講習ではどのようなことを学ぶか

sample食品衛生責任者になるためには日本各地の都道府県で開催されてる講習に参加する必要がありますが、その講習の中身は全国どこで受けても同じものです。
学ばなければいけないことは、どこの講習であっても同じだからです。
受けなければいけない講習は全部で6時間あります。
それぞれに内容の異なった講習を必要な時間だけ受ける必要があります。
講習のカリキュラムの一つが衛生法規に関することです。
食品衛生責任者である以上、衛生に関する法律の知識を知っておくことは必要不可欠だからです。
衛生法規に関する講義は全部で2時間受ける必要があります。
それ以外に必要な講義としては衛生学に関する講義があります。
衛生に関する知識としてはまず公衆衛生学に関する講義があります。
これは合わせて1時間の講義になります。
そして衛生に関する知識として食品に関する衛生学についても講義を受ける必要があります。
食品衛生学の講義は全部合わせて3時間の長さになります。

宇都宮 風俗 求人
ミルキーガール宇都宮店は必ず稼げる風俗店

失敗しない交際クラブ選び
大事なポイントをご紹介いたします

パパ活 東京
乗り遅れるな!

大手企業社長など多くの一流セレブ男性が集まる最高級交際クラブ

美しい女性によるマッサージ
たまった疲れが解消されていきます

最新投稿

  • 食品衛生責任者とはどんな資格なのか

    食品衛生責任者とは、食品の製造、加工、調理、販売を行う人や企業に必要となる資格で、衛生管理を行い安全…

    続きを読む...

  • 食品衛生責任者養成講習会について

    飲食店などを開業する場合、あるいは食品を製造する企業などで担当者になる場合には、食品衛生責任者の資格…

    続きを読む...

  • 食品衛生責任者の資格の概要とその取得する方法

    食品衛生責任者は、飲食店や喫茶店などの店舗で食品の調理営業、食品の販売を行なう上で必須となる資格です…

    続きを読む...

  • 食品衛生責任者講習を受けた時のこと

    念願だった喫茶店を開店することになり、そのために必要な食品衛生責任者の資格を取りに行きました。

    続きを読む...